主催したディベートで睡魔に襲われ寝落ちしたOL

その日のOLは眠かった。

帰宅後にも副業のために連日の夜更かしが続き、昨夜は早めに就寝したものの、さすがに疲れが溜まっていた。

それに加えて自分が播いた種とはいいながら本業でもトラブルが相次ぎ残業を余儀なくされていた・・・・。

もちろん、朝からひたすら眠気が襲うのだが任された仕事の締め切りもせまっていた。

よりによって、この日は帰宅後に自分が設定した副業グループでのスカイプチャット懇談会が予定されている。
プレゼン

そのため、いつもは長湯に浸かるのだが短時間で済ませてスカイプにログイン、しかしメンバーの応答が無い・・・。

やむを得ず待機の案内をしておき待つこと15分、ようやく1人目の参加者から返答があった。

どうやら先週のレクチャーの内容についてはまだ把握していないらしい・・。

簡単な図解で再度説明を加えたところで数人の参加者が揃った。

そもそも、このOLは副業を始めたばかりで熱い思いを抱きながらも実績は少ない。

しかし、マインドは見上げたもので何事にも積極的に挑戦するから時としてキャパを超えた作業を抱えてしまうのがイイトコロでもあり悪いところでもあった。

繰り返すが、その日のOLは眠かった。

懇談会が始まって30分もするとベテランの参加メンバーの独壇場に変わり他のメンバーは相槌を打つ状況に変化した。

1時間ほども経過した頃であろうか、ベテランメンバーがそろそろOLに主導権を渡そうと声をかけたが応答が無い。

トイレにでも行ったのかと思い、仕方が無いので独壇場を続ける事にしたのが間違い。

明日の早いのも忘れてベテランは講義を続ける事に熱中してしまった。

参加メンバーは皆、内容の濃い説明に夢中になり時間の経過を忘れた。

件のOLは、主催者であるはずなのに、とっくに寝落ち。

結局、参加メンバーの大半は翌朝寝坊をするという結果になってしまった。


Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です